イソ吉草酸 多汗症

多汗症はイソ吉草酸を増やすことも

汗

多汗症は汗が連続して発生する症状で、特に足の場合は臭いの原因になります。汗が出るメカニズムは、汗腺や神経経路によって説明出来ますが、精神的な原因もあるので、人によって原因は様々といえます。

 

しかし、日常生活のスタイルによっては、多汗症が生活の妨げになったり、臭いが原因でストレスに発展するケースもあります。医療が発達した現代でも、多汗症の根本的な治療法は確立されていませんが、対症療法や外科的な手法、日常的に行えるケアもあるので対処は可能です。

 

足に汗をかく人は、神経が繋がる手も同時に汗が発生するので、手の汗を見れば足も湿り始める事がわかります。また、手足の多汗症患者は、脇にも汗をかきやすい傾向があるので、足と合わせて臭いが気になる事があります。

足の多汗症の原因

ストレス

足に発生する多汗症の原因は、手の平に発生するものと共通している可能性があります。具体的な原因に関しては、個人差や異なる理由があるので、明確に一つの原因だけを特定する事は困難です。

 

精神的なタイプは緊張感が汗を引き起こしますし、

 

体質的な場合は生まれつき汗の量が多くなります。

 

原因がどちらか一方であったり、混合して発生している事もあるので、原因を特定するより対処法を考える方が大切です。

 

緊張が原因であったり、元々汗をかきやすい体質でも、神経を遮断する手術を行えば改善します。つまり、汗を出す脳の命令が強い事で、結果的に足に出る汗も多くなると考えられます。手術は劇的な効果をもたらしますが、代償性発汗のリスクを含むので、対処法の中でも究極かつ最終的な選択肢になります。

 

どうやって対処すればいい?

靴

足の臭いが気になる人は、イソ吉草酸が多量に発生していたり、常に臭いの発生源が存在する状態になっています。汗とイソ吉草酸の関係は、多汗症問題以外でも語られる事があり、汗をかけば誰でも足に発生する程イソ吉草酸は身近な存在です。

 

イソ吉草酸は足が蒸れた時、靴下の臭気を強める化学物質で、腐食性を持ち鼻の粘膜に刺激を与えます。水に溶ける性質を持つ事により、洗濯を行えば靴下は綺麗になるので、足に触れる靴下を洗う事が対処法の一つになります。

 

一日履いた靴は、風通しの良い乾いた環境に置く事で、イソ吉草酸を揮発させる事が出来ます。靴の中で発生する汗の量は、イソ吉草酸が発する臭いの強さと関係しているので、靴や靴下の乾燥状態を保ったり、足を清潔に保ち臭いを強めない事が重要です。

 

>> 【イソ吉草酸】分解消臭のカギは『殺菌と制汗』  TOP