イソ吉草酸 消臭

イソ吉草酸はまず洗って落とす

洗う

足の臭いは悩みの種で、特に気温が高くなる夏場は人の目も気になるところです。ある調査によると足の臭いはくさやの干物と同等の臭さにさえ達するそうです。

 

足の臭いが気になる人は何とか解決したいことだと思います。この臭いの原因は雑菌(無数の細菌)が汗や脂などを分解した際に生成されるイソ吉草酸。したがって、この物質と雑菌を取り除くのことが消臭に繋がります。

 

足の臭いを抑える方法のひとつは直接洗うことです。

 

ほとんどの人は夜にお風呂に入った時に洗うと思いますが、朝、出勤前に石鹸で足の指の間や爪の間を丁寧に洗い、さらに殺菌の為に消毒液やクリームを塗布するのが効果的です。酢で洗うのも効果はありますが、面倒な上に酢の臭いも気になるのであまりお勧めできません。

 

水虫とは関係あるの?

足を洗う

足の臭い人は水虫である場合が多く、足の臭いの原因として水虫も考えられるところです。

 

しかし、水虫は白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる細菌が原因で、この菌自体あまり臭いを発生させることはなく、足の臭いの大きな要因は上述のイソ吉草酸です。それゆえ、水虫だから足が臭くなるということはありません。

 

ただ白癬菌が繁殖し、水虫の症状が発生する状態では、他の細菌もかなり繁殖している状況が多いです。それらの細菌によってイソ吉草酸が発生し、臭いを放っている場合は多いのではないでしょうか。水虫薬は白癬菌を殺す働きを持ったものが多いので、イソ吉草酸を発生させる他の細菌にも作用し、消臭効果がみられる可能性はあるかもしれません。ただ、効果のほどは不明です。

 

お手軽な消臭方法

5本指

足の臭いを抑える方法として、消臭効果のある靴下を使うのも効果があります。例えば、足の指が密着するとそれだけ汗をかきやすくなるので指同士が分かれる5本指の靴下や靴下の繊維に消臭効果のあるセラミックなどの消臭剤を混ぜたものがあります。

 

靴自体や靴の中敷きにタンニンなどの殺菌剤を混ぜて靴に消臭作用を持たせたものも効果的。靴の中が密閉状態だと、それだけ雑菌の繁殖も活発になるので通気性を良くして、雑菌の繁殖を抑えるものなど数多くの製品があります。

 

また、イソ吉草酸を約80%抑えるクリアネオは高い消臭・制汗効果で人気を誇っています。足の臭いが気になる人は試してみてはいかがでしょうか。

イソ吉草酸消臭クリアネオ

 

>>クリアネオの詳細はこちら

 

>> 【イソ吉草酸】分解消臭のカギは『殺菌と制汗』  TOP