イソ吉草酸 男 女

イソ吉草酸は男女平等に訪れる…

ブルーチーズ

中年の男性を中心に、足の臭いでお困りの方もいらっしゃるかと思います。最近では女性もこうした足の臭いで困っている方が増えています。この原因はイソ吉草酸という脂肪酸の一種によるものとされています。

 

イソ吉草酸は汗に含まれているのではなく、汗や皮脂などをバクテリアが食べ、その分泌物がイソ吉草酸で、それが悪さを働くために臭いが出てきます。

 

いわゆるチーズの腐った臭いと表現されることがありますが、まさにその匂いの原因こそイソ吉草酸なのです。そして、状態がひどければそれ以上のものを発することがあります。

 

清潔かどうかのバロメーターをこうしたもので判断することができますが、できれば悪臭を放つ前になんとかしたいものです。

 

年齢との関係はある?

家族

足が臭い人の特徴は中年男性という印象が強いですが、実際のところ、イソ吉草酸と年齢・性別との関係性は確認されていません。

 

元々は汗と皮脂を食料にし、バクテリアがそれを食べ、それで出てくるわけですから、誰であっても汗は出てきます。特に靴下を履いていても、履いていなくても足元はどんどん蒸れてきます。

 

つまり、女性であっても子供であってもイソ吉草酸が悪さを働き、臭いをまき散らす可能性は十分にあります。

 

ですので、どれだけ汗をかかないと豪語する人でも実際靴下は水分を吸っており、バクテリアの温床となっており、悪臭の原因を作り出しています。

 

誰でもこうした要因を作り出してしまうということを考え、皆同じ条件であることを認識しておく必要があります。

 

イソ吉草酸はどう防ぐ?

靴下

イソ吉草酸を防ぐ対処法は、清潔さを保つことが挙げられます。靴下を毎日取り換えること、足を毎日洗うことなどは当たり前ですが、その際に爪の中や、指と指の間の部分も洗っておくといいでしょう。そうしたところに雑菌がたまっていることもあるため、念入りに洗うことが求められます。

 

また、靴自体が臭う場合もあります。その際には消臭スプレーを噴射するだけではなく、必要に応じて天日干しをしたり、靴自体を洗い、しっかり乾かすなどをし、靴の中も清潔に保つ必要があります。

 

足は他の部位に比べて何かしらが密着している部位が多く、汗も出やすく、雑菌の温床になりやすいです。そのため、毎日のケアが臭いを防ぐポイントとなるので、気になる人はすぐに実践しましょう。

 

>> 【イソ吉草酸】分解消臭のカギは『殺菌と制汗』  TOP